大切なのは“何に取り組むか?”ではなく“何を辞めるか?”